もしも2ヶ月前にニュージーランドを売っていればFXで大きな利益が

もしも2ヶ月前にニュージーランドを売っていればFXで大きな利益が

ここ数ヶ月のニュージーランドは、なかなかすごい事になっています。かなりの勢いで、下落が発生しているのですね。
まず振り返ってみると、2ヶ月前のその外貨の値段は比較的高い水準になっています。高値が91円台という状況だったのですね。
ところが数日前には、その外貨の安値が81円近くになっていました。現在ではその外貨がちょっとリバウンドの上昇状況なので、多少値段がアップしている状況ではあります。もちろん今後どのような価格になるかは、現時点では不明なのですね。
そして興味深いのが、わずか2ヶ月で10円近く下落してしまっている点です。2ヶ月で10年くらい下がるのは、かなり大きな値動きですね。3ヶ月ほどかけて5円くらい下落することはあっても、2ヶ月足らずで10円くらい下がるのは、かなりの急落である事だけは確実でしょう。
ですのでこの2ヶ月間で買い玉を保有していた方は、さぞかし大変だったと思います。現に85円近くで買い玉を保有している方もいらっしゃるのですが、ちょっと焦げ付き状況になっているようですね。現在はその時の価格から4円近く下がっている訳ですから、焦げ付いてしまうのも当然なのですね。
ところでFXで売買をするのであれば、このようなタイミングを逃さないようにするのも大切だと思います。後解釈にはなりますが、もしも2ヶ月前の高めの水準で売り玉を保有していれば、かなり大きな利益が発生していたのではないでしょうか。単純計算で10円分くらいの下落が発生している訳ですから、売り玉を完全放置していれば、まず間違いなく利益になっている筈なのですね。たとえスワップ金利などを支払っても、十分に元が取れる利益と言えるでしょう。
そのような売買ができれば、理想的ではありますね。しかし現実にはかなり難しいので、90円割れ等のタイミングで売り玉を保有している方々は多かったようです。
いずれにしても急落のタイミングを逃さないようにするのは、FXではとても大切だと思います。